ナイスアーバン東陽町 402号室

LINEで送る
中古マンション
閲覧済み
千石2丁目  東陽町駅 徒歩 11分  3580万円
  • おすすめ
  • NEW
  • 価格変更
  • 会員限定
所在地
東京都江東区千石2丁目2-5地図
交通
東京メトロ東西線 東陽町駅 徒歩 11分
間取り
3LDK
築年月
1991年02月完成
専有面積
63.04㎡(19.06坪)
共益費・管理費
18,450円
修繕積立金(月額)
11,980円
:
:
LINEで送る

物件画像

■画像はクリックすると拡大します

登録枚数5

  • :
  • :
  • リビング:
  • キッチン:
  • 洗面室:
POINT
・新規リノベーション済み ・南向き、カウンターキッチン 【建物情報】 ・オートロック ・エレベーター 【ナイスアーバン東陽町 402号室】の売買物件情報は中央区銀座にございます、不動産コンシェルジュ銀座ルームにご相談下さい!TEL:03-5579-9702
千石2丁目  東陽町駅 徒歩 11分  3580万円

所在地
東京都江東区千石2丁目2-5地図
交通
東京メトロ東西線 東陽町駅 徒歩 11分
間取り
3LDK
築年月
1991年02月完成
専有面積
63.04㎡(19.06坪)
共益費・管理費
18,450円
修繕積立金(月額)
11,980円

物件名称ナイスアーバン東陽町 402号室
価格3580万円
共益費・管理費18,450円
修繕積立金(月額)11,980円
リフォームなし
リノベーションあり 施工時期 2018年05月 内容 キッチン、浴室、洗面台、トイレ新規交換/床、天井、クロス貼替え/建具新規交換/照明器具新規交換/給湯器新規交換等
所在地東京都江東区千石2丁目2-5地図
交通

東京メトロ東西線 東陽町駅 徒歩 11分

間取り3LDK
専有面積63.04㎡(19.06坪)[壁芯]
築年月1991年02月完成
建物構造鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)
所在階/建物階建地上4階 402/10階建
総戸数/販売戸数29戸
主要採光面
その他面積バルコニー面積:7.89㎡
現況
駐車場なし
管理管理形態:全部委託 管理人状況:日勤 管理会社:ナイスコミュニティー株式会社
施工会社株式会社銭高組 東京支社
設備・条件システムキッチン追い焚きカウンターキッチンオートバス温水洗浄便座浴室乾燥機玄関収納フローリングエレベーターバルコニー日当り良好管理人有りオートロックガス:都市ガスコンロ:ガス、三口洗濯機置場:室内冷暖房:エアコンインターネット:対応トイレ:専用、水洗
土地権利所有権
用途地域商業地域
国土法の届出不要
引渡時期即引渡し可
物件情報更新日2018年07月08日(物件情報更新日より14日以内に更新)
物件コード19327
取引態様仲介
  • 地図アクセス
  • ストリートビュー
LINEで送る

この物件のお問い合わせ先

不動産コンシェルジュ 銀座ルーム

お電話でのお問い合わせ
0120-084-755

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目8-5銀座サクラヤビル1F

[ TEL ] 
03-5579-9702
[ FAX ] 
03-5579-9703
[ 営業時間 ] 
10:00~19:00 (土日祝10:00~18:45)
[ 定休日 ] 
夏季休暇・年末年始
[ アクセス ] 
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅から徒歩1分 A10又はA11番出口
東京メトロ銀座線銀座駅から徒歩3分 (丸ノ内線・日比谷線) A13番出口
  • 一部、完成後1年以上を経過した未入居物件が新築物件として掲載される場合がございます。
  • 敷地権利が定期借地権のものは価格に権利金を含みます。
  • 完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なる場合がございます。
  • CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合がございます。
  • 図面と現況が異なる場合には現況を優先いたします。
  • 地積、建物床面積、仕様に変更が生じる場合がございます。
  • 物件情報は最新のものをご提供させていただきますが、万一売約済の場合はご容赦ください。
  • 建築条件付土地の販売は、売買契約後一定期間内に売主との間で建築請負契約を結ぶことが条件となり、この期間内に建築請負契約が成立しない場合は、受領金を全額返済した上で土地売買契約は白紙となります。
  • 掲載物件の取引態様が「仲介」「一般」「専属」「専任」となっているものは、ご成約の際に規定の手数料及びそれに係わる消費税を別途申し受けます。
  • 間取り表示のSはサービスルーム(納戸)の略称です。WICはウォークインクローゼット、DENは書斎の略称です。
  • 参考プランは、土地の購入者の設計プランの参考に資するための一例であって、参考プランを採用するか否かは土地購入者の自由な判断に委ねられます。